メディプラスゲルの保湿効果は他の化粧品と比べてどう?

美肌の基本の一つは「徹底した保湿ケア」にあります。

 

お肌は潤う事で自らを再生させる作用(バリア機能やターンオーバーなど)があり、それらの働きをサポートする為には「お肌の乾燥」は防がなくてはなりません。

 

人の肌は元々「肌質を一定に保つ」という作用があるので、沢山の栄養分は実は必要ないんです。基礎化粧品に最も大切なのは「保湿力」。そこを基本にして基礎化粧品を選んでいくのがベストなんですね。

 

今回はメディプラスゲルの保湿効果が、他の化粧品と比べてどうなのか…こちらで解説しています!

メディプラスゲル 保湿効果

 

メディプラスゲルはきちんと保湿してくれる?

メディプラスゲル 本体画像

メディプラスゲルはオールインワンタイプの基礎化粧品ですが、高い保湿力が口コミで人気を集めています。

 

元々メディプラスゲルを作った方が「極度のアトピー肌」に悩んでいたという事から、「保湿面」に関してはかなりこだわって作っているのだそう。

 

配合されている成分もセラミドを始め、肌の保湿の為に様々な基礎化粧品に含まれている「ヒアルロン酸やコラーゲン」なども配合しているので、成分的には「保湿力が高そう」というイメージでした。

メディプラスゲル 保湿成分

 

最初は「1本で本当に保湿されるの?」と半信半疑でしたが、実際に使ってみると、簡単ケアだけど保湿力は高く、乾燥肌やアトピー肌の方にもお勧めできる基礎化粧品だと実感しました^^

 

注目ポイントは「セラミド」と「セラミドを構成する脂質成分」

保湿力が高いと評判のメディプラスゲルですが、配合している成分を見てみると、セラミドの他に「フィトスフィンゴシン」や「コレステロール」等も配合されています。

 

お肌にも存在しているセラミドですが、そのセラミドを構成している脂質の一つに「スフィンゴ脂質」という成分があります。メディプラスゲルに配合されている「フィトスフィンゴシン」はこのスフィンゴ脂質とよく似た成分の一種です。

 

セラミドを構成している脂質によく似た働きを持つので、もちろん人の肌への馴染みも良く、保湿力も高いのが特徴

メディプラスゲル 保湿ポイント

更にお肌の保湿構造には「細胞間脂質(ここにセラミドが含まれている)」というものがあるのですが、この細胞間脂質にはセラミドだけでなく、コレステロール等の成分も配合されているのです。

 

メディプラスゲルにはセラミドだけではなく、お肌の保湿構造を構成している「フィトスフィンゴシン(スフィンゴ脂質の代わり)」や「コレステロール」も配合されているので、お肌の根底から乾燥をケアしてくれる基礎化粧品だと言えるでしょう。

 

他の化粧品と比べて保湿効果は?

実際に色んな基礎化粧品を使ってきた私ですが、オールインワンゲルの中ではメディプラスゲルが一番のお気に入りになりました!

 

配合されている成分ももちろんなんですが、一番は自分のお肌に合っていた、という事ですね。基礎化粧品はどんなに口コミで「良い!」と言われているものでも、自分のお肌に合っていなければ意味がありません。

 

メディプラスゲルは公式HPのみで「お試しコースキャンペーン」を実施しているので、気になっている方はお得に試してみると良いかと思います^^

 

お肌を「極力触らない」事で、イキイキしてきたかも?

メディプラスゲル 他の化粧品との比較

お肌をケアしていく上で、「むやみにお肌に触りすぎない事」はとても大切な事なんです。

 

メディプラスゲルは高い保湿力に加えて、「1本でケアが完了」してしまうので、お肌を触る機会を自然に減らしてくれるんです。

 

色んな基礎化粧品をシリーズでも使ってみましたが、メディプラスゲルは「お肌の底からきちんとケア出来ている」と感じる事が出来ました^^

 

 

⇒【写真有】メディプラスゲルの口コミ悪評を暴露|実際に使用した評価は?